Nikon D850 / Nikon Z 7 /Nikon Z 7II/Canon EOS R5のスペックを比較してみた

先日14日、Nikon Z 6IIZ 7IIが発表されました。

Nikon Z 7II

名称にIIというローマ数字が語尾に付き、SONYやCanonと同様に(CanonはMark○という名称)、メインのモデルナンバーは固定して、ローマ数字を更新するという方針にしたようです。
これまでNikonはモデルナンバーを変えるというやり方でしたが、モデルの位置づけがわかりづらうという面もあったので、わかりやすくなったと思います。

さて、Z 7II、初代Z 7のネガを潰してきた正常進化モデル、と言っていいでしょう。かつてのNikon D800/D800EがD810にモデルチェンジしたときのように、大きな変化はないけど、しっかりとネガを潰した、そんな印象を受けます。

Nikonは宣伝が下手と言われますが、どうも一眼レフのAF化以降の風潮ですが、スペックだけで判断する人も多く、そうなるとこのマイナーチェンジに見えるモデルチェンジ、あまり響かないという人もいるでしょう。

ですが、Z 7IIは、バッファもやっとD850に追いつき、一部設定では追い越しています。そして価格も思ったより抑えられていて、何しろZ 7発売当時の約39万円より少し低い、約36万円に設定されています。

参考としてCanon EOS R5も載せていますが、流石にスペックは超一流です。ただ、価格もワンランク上の45万円オーバーの機種ですから、実際にはZ 7IIより少し上の機種、と見ると、Z 7IIは価格なりに健闘していると言えます。
ただ、ここには比較対象として載せませんでしたが、同価格帯のSONY α7R IVにまだ追いつけていない部分が多いのも事実ではありますが…。

Z 6やZ 7がFWアップで大幅に機能更新したように、II型になってNikonでは初めて?画像処理エンジンがDual化されて、単純に並列処理は倍になったわけですから、少し控えめなスペックアップも、実はまだFWアップでの余力を残しているように見えます。
例えば、2021年のFWアップで対応予定のBlackMagic RAW対応は、SONYもCanonも現時点では非対応であり、Z 7IIが唯一で、これを心待ちにしている動画ユーザーも多いと聞きます。

今年はCOVID-19の影響で収入も減ってしまい、予約をしてすぐに購入、というわけには行かないですが、現在サブ機のD810がシャッターカウント20万回を超えているので、オーバーホールか、Z 7IIに買い替えか、という感じなので、

Nikon D850Nikon Z 7Nikon Z 7IICanon EOS R5
イメージセンサ4575万画素裏面照射CMOS4575万画素裏面照射CMOS4575万画素裏面照射CMOS4500万画素CMOS
デュアルピクセルAF
ローパスフィルタ非搭載非搭載非搭載搭載
画像処理エンジンEXPEED 5EXPEED 6Dual EXPEED6DIGIC X
基本感度ISO64-25600ISO64-25600ISO64-25600ISO100-51200
拡張感度ISO32-102400ISO32-102400ISO32-102400ISO50-102400
回折補正非対応対応対応対応
連写速度7コマ/秒
9コマ/秒(MB-D18+EN-EL18b使用時)
5コマ/秒(14bit RAW時)
5.5コマ/秒(12bit RAW時)
9コマ/秒(拡張:12bit RAW時)
5コマ/秒(14bit RAW時)
5.5コマ/秒(12bit RAW時)
10コマ/秒(拡張:12bit RAW時)
12コマ/秒(メカシャッター時)
20コマ/秒(電子シャッター時)
測光方式180kピクセルRGB撮像素子によるTTL測光撮像素子によるTTL測光撮像素子によるTTL測光(384分割)
AF方式TTL位相差
マルチCAM20K
LV時コントラストAF
ハイブリッドAF
(像面位相差/コントラスト)
ハイブリッドAF
(像面位相差/コントラスト)
デュアルピクセルCMOS AF
AF測距点153点(クロス99点)
-4~20EV
493点
-2~19EV
(ローライトAF時:-4~19EV F2.0レンズ )
493点
-3~19EV
(ローライトAF時:-4~19EV F2.0レンズ )
1053点 5940ポジション
-6~20EV
(F1.2レンズ)
AF対応F値F8(15点)F22
瞳検出非対応(ライブビュー時顔認識対応)静止画対応(最新FW)静止画/動画対応静止画/動画対応
動物検出非対応非対応対応対応
ボディ内手ブレ補正非対応5軸補正5段5軸補正5段5軸補正8段
シャッター速度1/8000~30秒1/8000~30秒1/8000~30秒(Mモード時900秒まで可)1/8000~30秒
フラッシュ同調
シャッター速度
1/250秒以下1/200秒以下1/200秒以下1/200秒以下(メカシャッター時)
1/250秒(電子先幕シャッター時)
ボタンイルミネーション対応非対応非対応非対応
液晶モニタ3.2型/236万ドット3.2型/210万ドット3.2型/210万ドット3.2型/210万ドット
ファインダ光学式
視野率約100%
0.75倍
0.5型369万ドット液晶
0.8倍
0.5型369万ドット液晶
0.8倍(リフレッシュレート向上?)
0.5型576万ドット液晶
(60/119.88fps)
0.76倍
シャッター耐久20万回20万回20万回?50万回
動画4K UHD/30p・FHD/120p4K UHD/30p・FHD/120p4K UHD/60p・FHD/120p
※4K60pは画面の93%にクロップ
8K(DCI/UHD)/30p4K(DCI/UHD)/120p
Log非対応N-LogN-LogC-Log
C-Log3
RAW動画非対応4K 12bit対応(有償)
※Atomos対応
4K 12bit対応(有償)
※Atomos/BlackMagic対応(FWupで後日対応)
8K 12bit対応
HDR動画非対応非対応HLG対応PQ対応
動画電子手振れ補正FHDのみ対応対応対応対応
記録媒体XQD/SDXC(UHS-II)
ダブルスロット
※CFexpress対応予定
XQDまたはCFexpress
シングルスロット
CFexpress/SDXC(UHS-II)
ダブルスロット
CFexpress/SDXC(UHS-II)
ダブルスロット
Wi-Fi802.11b/g802.11b/g/n/a/ac
5G帯対応
802.11b/g/n/a/ac
5G帯対応
802.11b/g/n/a/ac
5G帯対応
BluetoothVer4.1Ver4.2Ver5.0
USB3.0((Micro-B)3.2Gen1x1(Type-C)
PD充電対応
3.2Gen1x1(Type-C)
PD充電/給電対応
3.2Gen2x1(Type-C)
PD充電/給電対応
外部マイクステレオミニステレオミニステレオミニステレオミニ
内蔵マイクステレオステレオステレオモノラル
撮影可能コマ数約1840コマ(EN-EL15a使用時/CIPA準拠)約330コマ(ファインダ撮影時/CIPA準拠)約380コマ(ファインダ撮影時/パワーセーブモード有効/CIPA準拠約320コマ(ファインダ60fps撮影時/CIPA準拠)
約202コマ(ファインダ120fps撮影時/CIPA準拠)
連続撮影枚数51コマ
(14bitロスレス圧縮RAW)
23コマ(12bitロスレス圧縮RAW)63コマ
(14bitロスレス圧縮RAW
87コマ
(RAW/UHS-II使用時)
質量(本体のみ)915g585g615g650g
発売年月2017年9月2018年9月2020年12月2020年7月
初値約36万円約39万円約36万円約46万円

スペックで比較しても、Z 7IIは大分良くなったと思いますね。未だ14bit RAWと12bit RAWでスペックに差が出ているのは解せませんが、FWアップに期待するとしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【予約受付中】Z 7II
価格:398200円(税込、送料無料) (2020/10/17時点)


楽天のニコンダイレクトだと価格は高いですが、3年保証、ポイントアップ、ピークデザインのストラップ付きだそうです。

「Nikon D850 / Nikon Z 7 /Nikon Z 7II/Canon EOS R5のスペックを比較してみた」への2件のフィードバック

  1. 失礼致します、RasTec会社の広報担当の胡と申します。BLOGにてお客様のレビューをご拝見させて頂きました、つきましてはお客様に弊社のEOS 5Dバッテリーのレビューを投稿して頂きたく存じます。レビュー用機材に関しましては無償にて提供させて頂きます。御返事お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + fifteen =