「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」タグアーカイブ

フィルムで撮りたいけど現像が…

その昔は、モノクロフィルムは自家現像もしていたのですが、自家現像するなら、ある程度撮影本数がないと、現像液の維持とか色々大変で、やらなくなってしまいました。

ということで、今はすべて現像はお店に出していますが、COVID-19による緊急事態宣言下の現在、生活に直ちに必要ではないDPE店、近所にある唯一の店もただ今閉店中です。よって、フィルムで撮っても、現像に出せないという…。

こういうときってデジタルは便利だなぁと思いますが、たまにはフィルムで楽しみたいしね。ということで過去写真。

去年の12月に、最後のNEOPAN ACROS(現在はACROS IIが販売中)で撮影

AI AF DC-Nikkor 135mm f/2D (絞り開放 DCリング目一杯R側にセット)

DC-Nikkorをフィルムで撮りたくて、この日持っていきました。こちらは、収差コントロールのDCリングを目一杯R側にセットして撮影。収差が全体に発生して、ソフトフォーカスのような効果が出ていますが、ちゃんとピントに芯は出ていて、その周辺に収差がまとわりつくことで、ふわっとした描写が得られます。
これはちょっとやりすぎな感もあるけど(笑


AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 絞りf8

こちらは一番新しいAF-S 35mm f/1.8G ED。このときのカメラはF100なので、問題なく使用可能です。
遠景なので、普通にf8に絞りました。あ、このレンズの設計者は、絞りは飾りです、的な発言を…。いやまあこの絵で開放で撮るのも何だかね。
さすが、設計の新しい現代のレンズ、しかもf8まで絞っているので、モノクロフィルムでもいい絵が撮れています。解像力も高いしコントラストもしっかり出ています。


AI Nikkor 50mm f/1.2S 絞りf1.2

走ってきた息子を撮ったら、ダメですね、MFレンズなのでとっさにピントを合わせられず、背景にピントが行ってしまいました…。
このレンズも、絞り開放では、設計の古いレンズらしく、収差によりふわっとした描写になります。が、このレンズのすごいところは、収差は出ていても、ちゃんと解像力はあるところですね。繊細な描写です。
同じ50mmでも、Carl Zeiss Planar 1.4/50 ZF.2は開放では解像力も低くて、ピントの山が見えないのですが、このレンズはピントの山もきちんと見えます。なので、撮りやすいですね。絞ればカリッと解像力が高くなります。標準レンズのお手本ですね。


3本のレンズはいずれも現行品のAI 50mm f/1.2S, AI AF DC 135mm f/2D, AF-S 35mm f/1.8G ED

この3本で撮りました。すべて現行品、新品で買えます。どのレンズもおすすめです。
早くまたフィルムで撮れる時期が来るといいですね。

息子、誕生日!

私事ですが(そもそもブログなので仕事を書いているわけですがw)、本日は息子の誕生日であります。

以前から当ブログをご覧の方はご存知かもしれませんが、息子は口唇顎裂で生まれてきました。

口唇裂とは、上のリンクにもあるように、唇が裂けた状態で生まれてくる病態で、息子の場合は、更に上の歯茎も裂けた状態の、口蓋裂もあるため、口唇口顎裂(こうしんこいがくれつ)症状となります。

このままでは、見た目のみならず、摂食や発話言語に影響が出るため、まず生後5ヶ月で手術により唇の裂を接合しました。

接合手術から2ヶ月後

これにより、外観上は口唇顎裂であることは分からなくなりました。
ただし、まだ上の歯茎の裂はそのままで、もう少し大きくなったら手術をしなければなりません。

日本人は500人に一人になると言われている口唇裂(顎裂、蓋裂)ですが、症例は様々なので、その子にあった治療が必要です。

今の所、上の娘の同じ時期と比べて、やや舌っ足らずな喋り方ですが、まだ年齢が年齢なので、言語障害かどうかはわからないようで。

また、口唇裂でよくある中耳炎の症状は、今の所ないようです。

元気すぎる男の子に

当の本人は、自分が口唇顎裂なんてのは気にせず、元気に遊んでいます。我が家の家計にはないユーモアも持ち合わせているようです。そのユーモアで乗り切ってくれ、とパパは思います。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDをフィルム機で使う

撮影は昨年12月ですが、公園へ出かけた際に、いくつかのレンズでフィルムを使って撮りたいなと思い、Nikon F100に、最後のFujifilm NEOPAN ACROS 100を詰めて、撮影しました。

Nikon F100 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED (f1.8 1/4000) Fijifilm NEOPAN ACROS 100

この日はピーカンだったので、ISO100のフィルムでも、開放だとシャッタースピードは上がるのと、Gタイプレンズも持っていったので、制約なく使用できる手持ちのカメラはF100でしたので、カメラはF100をチョイス。

たまにはF90Xも使いたいのですが、Gタイプレンズの絞り設定をできないのですよね。プログラムシフトを使えばできなくはないですが。

上の写真は、まあ失敗です(笑

F100は5点AF(マルチCAM1300モジュール搭載)で、当時はF5譲りのAFと謳われ、実際使い勝手も良かったのですが、AFポイントとポイントの間で中抜けすることもあり、この写真は見事に背景にピントが行ってしまいました。

おかげで被写体の娘が前ボケになりましたが、何でしょう、このレンズ、絞り開放だと、後ボケも前ボケも、ピント面からなだらかにつながるんですよ。

近年、デジタルで高画素のカメラが増えてきたせいか、カリカリの解像力のレンズも多く、中にはピント面はカリカリに解像し、ボケ面が急に来るレンズもあります。そうしたレンズは、ボケがやや押し付けがましくなることがあります。

しかし、AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDは、解像力はそうしたレンズより少しだけ落ちるかもしれませんが、ボケとピント面がなだらかなので、立体感が出る気がします。もちろん絞れば十分な解像力です。

最近はD850AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRでの撮影が多いのですが、改めて単焦点レンズのよさを確認した次第。

ちなみに、AF-S 24-70mm f/2.8E ED VRもAF-S 35mm f/1.8G EDも、同じ光学設計者の設計によるレンズです。なるほど、確かにこの2本は通じるものがあるんですよね。

NEOPANは旧ACROS、まだ買えるんですね(執筆時点)…