10代目アコード、誰が買うの?

ホンダから10代目のアコードが発売されました。
個人的には、6代目と7代目のアコードに乗ってきたので、値段を見て心底複雑な気持ちです。

プラチナホワイト・パール★
10代目アコード

お値段465万円!月販目標は300台

モノグレードで税込み465万円ですもの、もはや大衆車ではありません。アコードと言えば、かつては20~40代が購入層の中心の大衆車だったのですが…。いくらセダンが不人気とは言え、国内で言えば、元々はカムリ、レガシィ、MAZDA 6(旧アテンザ)クラスだったはず。ライバルより100万円も値上げした元大衆車、誰が買うんでしょう?

先代もハイブリッドのみでしたが、2013年のデビュー当時365~390万円でした。この時点でも高すぎでしたけどね…。

ちなみに、メルセデス・ベンツのCクラスで一番安価なモデル、C180とほぼ同じ値段です。今はC180は販売休止のようですが。

昔はこんなに安かった!

当然、今の物価と比較してはいけないのはわかりますし、装備も昔より良くなっているのはわかります。でもね、物価って20年前の倍になりましたっけ?

アコード SiR
6代目アコードSIR

私も乗っていた6代目アコードSIR、中古でしたけど、新車価格は1997年デビュー当時で220万円前後(販売地で前後あり)でした。今は同じ値段でFitのNESS(e:HEV)が買えます。とほほ…

「アコードEURO R」の画像検索結果
7代目アコード Euro R

その後、どうしてもVTECをMT車で乗りたくて買ったアコードEuro Rは、2002年デビュー当時で253万円。(自分が買ったのは試乗車上がりの中古でしたが)先代より高くはなりましたが、それでも内容を考えたら妥当な値段だと思います。

今や主戦地北米の現行アコードは、2Lターボで6MTか10ATも選択可能だそうです。252馬力、トルク37.7kgm、欲しい、その仕様が日本にも欲しい、そしてせめて300万円台ですよ。

「10代目アコード、誰が買うの?」への2件のフィードバック

  1. 家族の関係で両方ともATでしたが、同じ時期に6代目、7代目と乗りました。前に向けてクサビ型のデザインで、実際にCF4は特に前方の見切りが良かったし、動きも軽い印象でした。
    それにしても普通の2Lのセダンの車両のサイズも、値段もガラリと変わりましたよね。
    とにかくユーロRが羨ましかったなぁ。自分はカスタムもできなかったから、yamaroさんがいじるのを楽しく読んでたwww

    1. >しようたろうさん

      CF4はサイズ感もよく、90年代までのホンダらしくダッシュボードも低くて見晴らしが良かったですね。
      CL7ユーロRは、今もまた乗りたいなと思わせる車です。幸い、TYPE Rよりは手頃に買えますが、タマ数も少ないですね。
      現行アコードは、もう日本で売る気がなくなってしまって残念です。デザインは好きですが、大きすぎますし高くて買えません…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − ten =