【写研埼玉工場】厚生棟の外観

前回、写研埼玉工場の記事を書いたところ、思いの外反響があり、DTPやデザイン関連の方を中心に関心を持っていただけたようです。

私の自宅は、写研埼玉工場へは自転車で行ける距離で、昨日は仕事の前に時間があったので、朝少しだけ寄ってみました。

写研埼玉工場の厚生棟

前回は撮影していなかった、メインビル向かいにある厚生棟です。
記事を書いた後、色々調べたら、ここも写研の建物のようです。
1階部分は写真のように駐車場になっていて、2階は更衣室、3階と4階が社員食堂だったようです。
車が停まっていましたが、解体工事関係者の車両なのかな?
建物は少々古びてはいるものの、管理されているから廃墟というイメージはまったくなく、整備すればまだまだ使えそうな感じでした。こちらは、また解体工事は着手されていないようです。

東京朝日ビルドのHPの施工実績には、H5(平成5年)に「写研Mビル厚生棟」と書かれており、この厚生棟のことだとすると、まだ築27年ということになります。今度「定礎」を調べてみよう。

写研埼玉工場のメインビル

Xperia 1の広角カメラで。結構まともに撮れますね。
先日撮影時は、足場がまだ最上階まで組まれていない部分がありましたが、今回は組まれていて、工事が着々と進行しているのがわかります。

さて写真はありませんが、このメインビルと、第二工場の間に、2階建ての第一工場がありますが、前回も今回も、目隠しシートに寄って見えなかったので撮影はしていません。が、シートの隙間からちらっとだけ見えた感じだと、第一工場の解体は始まっている感じでした。

これからも、見える範囲で、定期的に確認したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + twelve =