発煙筒の代わりにエーモンの非常信号灯を買ってみた

来年2月で13年目の車検を迎える嫁車エスティマ。
備え付けの発煙筒の有効期限が、今月いっぱい。車検では、有効期限切れの発煙筒は交換しなければなりませんが、めったに使わない発煙筒を3,4年毎に買い換えるので、もったいないので、LEDタイプの非常信号灯を買ってみることに。

エーモン 非常信号灯(No.6904)


LEDの非常信号灯も、発煙筒の代わりとして車検に対応するものがあり、今回はエーモンの非常信号灯を買ってみました。

価格も、発煙筒を買うのと変わりないですね。

発煙筒と非常信号灯の違いが、エーモンのHPに書かれています

エーモンの非常信号灯と発炎筒の違い

比較項目非常信号灯発炎筒
視認距離夜:200m夜:2キロ
操作性スイッチを入れるだけキャップに付いている擦り板で点火させる
視認可能時間点滅時間:約8時間燃焼時間:約5分
有効期限有効期限なし ※電池交換タイプ製造後から4年
使用回数制限なし1回
車検
エーモンのHPより

やはり視認距離は、発煙筒にかなわないようです。その代わり、LEDの非常信号灯は新品電池で8時間も点滅するので、長時間使用に向いています。個人的に、1度首都高で車が停まってしまったことがあり、発煙筒をその時初めて使いましたが、5分程度で消えてしまうので、車載用の発煙筒では発煙時間が短いと感じました。警察とかが使っているものは、大きな発煙筒なので、かなり長い時間発煙しますが、それでも10分程度ですから、長時間点灯できるという点では、LEDの非常信号灯に分があります。
両方を併用するのが良さそうですね。

車庫で点灯させてみました。

かなり明るいですが、それでも発煙筒よりは暗い(発煙筒は近くで直視できないくらい明るい)ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =